プレイヤーが監督となり、他のチームと戦いながら最強の球団を目指すシミュレーションカードゲーム。
実名プロ野球選手が480名以上! 登場する選手は全て実績データに基づいた詳細な選手データを搭載。
ゲームエンジンにUnity3Dを採用し、ブラウザゲームでありながら3D画面でアクション対戦が楽しめる。
バンダイナムコオンラインとYahoo! JAPAN提携による新作PC向けブラウザ3D野球ゲーム。

プロ野球MAXの特徴

日本野球機構の公式データを使用したブラウザベースの野球ゲーム「プロ野球MAX 2012」は、 実名プロ野球選手がハイクォリティ選手カードになって登場するカードシミュレーションゲーム。 選手は480名以上にも上り、全て実績データに基づいた詳細な選手データで登場します。 次世代ゲームエンジン「Unity3D」採用で3Dグラフィックの対戦が楽しめるのが魅力です。

ゲームエンジンUnity3D

プロ野球MAX 2012の最大の特徴は、 3Dグラフィックによるアクション通信対戦機能!ゲームエンジンUnity3Dを採用することで、 これまでのPCブラウザゲームでは感じたことのないリアルなプレイヤーの動きや、 全国のユーザーとのリアルタイム対戦を楽しむことが可能です。

実際のプロ野球と連動

プロ野球MAX 2012は、 実際のプロ野球と連動して行なわれる、公式戦のスタメンチームとアクション対戦する「最新オーダー対戦」、 選手カードを集める「ミッションモード」など、 アクション、シミュレーションどちらのモードでも楽しむことが可能です。

このゲームをプレイしてみよう!

公式サイト:プロ野球MAX
■ジャンル:レース・スポーツ
■基本料金:無料(アイテム課金)
■運営会社:バンダイナムコゲームス
(C)バンダイナムコゲームス (C)2012 NBOI
【最終更新日】2020年3月31日
【公開日】2012年03月10日